検索
  • バッキ―

2017年、あけましておめでとうございます。


2017年!とうとうやってきました!

旧年中は、皆様に大変お世話になり、また、たくさんのご支援と助言、励ましをいただきましたことを、深く御礼申し上げます。

毎年、年末年始は、甥っ子、姪っ子がやってきます。

今年は、4月に行ったハワイで食べた「ハワイアンクッキー」を再現して作り、大好評!

一緒にパンケーキも焼いたりしながら、つかの間の子育て体験をして、本当に幸せでした。

さて、昨年9月に始まったこのキッチンパーティの活動ですが、昨年末頃から、少し暗雲が立ち込めてまいりまして(笑)←早すぎるやろ。

「婚活」に焦点をあてた活動を、見直そうと思っております。

結婚相談所のシステムや、思想に、ちょっと疑問を感じておりまして、とにかく「第一印象」「モテる方法」「年収」「出会い」などといった言葉が飛び交い、そもそも、「結婚」が「ゴール」のような扱われ方なのが、ずーっと気になっておりました。

結婚=幸せ

これって、なんだか、変じゃないですか?

確かに、子供や旦那さんと過ごす時間はとても幸せな時間かもしれないけれど、ひとりで本を読む時間、お友達とおしゃべりする時間、全部、幸せな時間なはずなのに、なぜか、とくに女性にとって、「結婚」だけがクローズアップされて、あたかも他のこととは、全く別の事象のことのように取り扱われている。

やっぱり、子孫繁栄が人類の最終目的だからでしょうか?笑

私は今45歳なんですが、最近よく聞くのが、「子育てが終わって、旦那さんと2人になったら、どーすりゃいいの?」という話。

「定年後に一緒にいる意味がなくなってしまった」熟年家庭内別居夫婦。

なんでだろーね。

という話を、帰省した時に母に話していたんですが

「昔は、生きるのに、精一杯だったから、夫がどうあろうと、一緒にいるしかなかった」

この言葉ね、「がーん」と来ました。

結局、みんな家事も機械がやってくれて、食事も出来合いで、なーーーんにも、主婦がすること、なくなったんですよね。

要は、暇なの。

暇だから、いろんな雑音が入ってきちゃうんですよね。

〇〇さんの旦那さんは、家事を手伝ってくれる。

○○さんのお子さんは、有名私立中学に入った

人と比較することに必死で、必死で生きてない。

一億総ゆとりですよ。笑

私もほんとに「超ゆとり」で、今でも十分幸せなハズなのに、暇すぎて、「人の役に立ちたい」とか、「意識高い系」の真似事をし始めようとしておりましたが、なんだか違うんじゃないかと。

結婚=幸せ

ではない。

じゃ、本当に幸せな人生って?

これを探しに2017年は出航していきたいなーと思います。

皆様、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。


13回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now